ずいぶんと時間が経ってしまいましたが、
私は今、東京です。

更新をしていなかったにもかかわらず、
ブログに訪問してくれた方々、ありがとうございます。
あいさつがとても遅れてしまいましたが、
身の回りが整ってきた今、また雑記帳を再開することにしました。
今度は東京で(笑)

もしも気が向いたら、覗きに来てくださいね。
いままでありがとうございました。

「東京雑記帳」
http://rollrollno.exblog.jp/
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-07-11 09:34 | ごあいさつ
衝撃を受けた3月11日から、
毎日心を痛めながら報道を見守り続けています。
どうか一日でも早く安心して暮らせる日が来ますように・・・

10日後にひかえた私たちの帰国も
どうなるのかどうするべきなのか・・・
今のところ明確な回答を見つけられずにいます。

ミラノのドゥオモでは今週日曜日、
日本の被災者の方に捧げるミサが行われます。
みなが心を合わせて祈ります・・・
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-03-17 18:32 | ごあいさつ
e0202203_7344693.jpg

e0202203_7351079.jpg

3月になってもまだ寒い火曜日の夕方、
今になってやっと、の壁画鑑賞。
教会の別棟から入り4枚の扉が開いて到達する劇的な入場に、自然と胸が高まる。
制限時間10分。
帰りはすっかり真っ暗。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-03-09 07:41 | おでかけ
e0202203_731794.jpg

イタリアのカーニバルといえば、マスケラ(仮面)。
近所のパン屋さんでは毎年この時期、マスケラだらけ。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-03-09 07:31 | 日常
e0202203_6295173.jpg

e0202203_6291969.jpg

南方面へ1時間。
冷たい雨が降っていたけど、
とにかく、私たちには時間がないのだ・・・!
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-03-08 06:32 | おでかけ
e0202203_6192464.jpg

e0202203_621115.jpg

e0202203_6214356.jpg

車で1時間、オルタ湖の北にある小さな町にあるアレッシィ工場アウトレット。
見えてきたオブジェ、これは確かトイレブラシ!?(笑)
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-03-08 06:23 | おでかけ
e0202203_9302842.jpg

老舗ジェラートやさんがとっても美味しかったので連日注文。
みんな自分が注文したジェラートを受け取って、
くるっと振り向いたときの時の顔が、どれも幸せそうで、
ショーケースに群がる人々の後ろで、食べながら眺める。

そうそうローマ発祥のカルボナーラは、生クリームが入っていないけど
シンプルでコクがあって美味しい。
アマトリチャーナ(パンチェッタとトマトソース)も発祥らしく、
甘くて濃くて、子供も大好き。

行きと同じく特急列車で3時間、ミラノに到着すると
なんだかとてもスッキリとした都会に感じつつ帰宅。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-02-27 09:30 |
e0202203_8471097.jpg

e0202203_847576.jpg

e0202203_9182855.jpg

e0202203_8484651.jpg

近くのバールで朝食。
日曜日なので蚤の市も開催。

有名な観光名所もすごいけど、
街を散歩してるとふいに遺跡がゴロッと転がってるのがすごい(笑)
子供達の一等賞は、「真実の口」。

学生の時は、街中敷きつめられたごつごつの石畳の道を
レンタルモペット(エンジン付き自転車)で走ったけど、
今はそんな乗り物の存在すらナシ(悲)
かわりに、便利な巡回バスとレンタル自転車。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-02-27 08:58 |
e0202203_831115.jpg

e0202203_8382999.jpg

e0202203_840525.jpg

e0202203_8402795.jpg

無理矢理週末3日間、ローマの休日。
特急列車で3時間。
ミラノ中央駅の雰囲気と、カプチーノを飲んだバールは、
これから旅をする気分を盛り上げるのに充分な雰囲気。

ローマは日差しが強く、人も多く、落書きも半端ないけど、
見るもの見るものやっぱり素晴らしい。

バチカンのサンピエトロ大聖堂の階段を登るも、
休み休みで家族において行かれそうに・・・
学生の時に同じ事をしたのを、ふいに思い出す。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-02-27 08:40 |
e0202203_7191067.jpg

「キアッケレ」というパリパリしたイタリアの揚げ菓子。
イタリア語では「おしゃべりする」という意味。
カーニバルの時期が近づく2月なると
どこのお菓子屋さんでもガラスのショーケースにいっぱいバサッと盛って
量り売りで売っています。
食べれば食べるほど奥の深さを感じる、揚げ菓子。大好き。
お店によってぜんぜん味も薄さも、使う油も違うので、
今日もせっせと、いろんな場所でキアッケレを200gずつ買うのでした・・・。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-02-17 07:29 | もの
e0202203_22105833.jpg

e0202203_22152066.jpg

e0202203_22165112.jpg

e0202203_22161290.jpg

e0202203_221713100.jpg

すっかり曲線&モザイクフリークになってしまった3日間。
食べ物もお手軽で美味しくて。
イタリアのものよりも肉薄で濃い色のイベリコ豚の生ハム。
好きなものを少しずつ注文できるタパス。パエリア。
熱々の揚げたてチュロスは、
ホットチョコレートにひたして。
住んでる街にはない感じのカジュアルでお洒落なお店が沢山。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-02-13 22:23 | ースペイン
e0202203_19211425.jpg

e0202203_19215454.jpg

e0202203_19254276.jpg

e0202203_19262288.jpg

e0202203_19224353.jpg

外観しか見たことなかったけど、
今回室内を見ることが出来て良かった。
海の様子だったり、動物の背骨だったり、
イメージの源は、どれも自然から。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-02-13 19:27 | ースペイン
e0202203_19111040.jpg

e0202203_19102867.jpg

e0202203_1912230.jpg

e0202203_19285895.jpg

バルセロナはくっきりした青空と強烈な日差し。
タクシーの色さえ、光と影のような黒と黄色。
イタリアとは全然違うあっけらかんとした空気漂う街。
学生の頃訪れたぼんやりした印象が、ガウディの建築群を見た途端、
鮮やかに蘇りました。
子供たちの心にも残るといいな。

サグラダファミリア内部では、
花畑の中の小さな虫になった気分に(笑)
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-02-13 19:14 |
e0202203_23113836.jpg

e0202203_23115672.jpg

e0202203_23121479.jpg

素朴な美味しい料理と、
温かな雰囲気と無愛想なおじさん(笑)
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-02-08 23:13 | 日常
e0202203_78772.jpg

e0202203_795843.jpg

カフェマキアートに笑顔発見。
ちょっと嬉しい。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-02-02 07:10 | 日常
e0202203_7114419.jpg

今日も寒い日だった。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-02-02 07:02 | 散歩
e0202203_7124710.jpg

ここのところ朝晩の霧がすごすぎ。
真っ白で先が見えない。
まるで夢の中。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-01-20 07:13 | 日常
e0202203_773482.jpg

e0202203_791794.jpg

語学学校の始まり。
久しぶりの教室、新しいクラスメイト。
背筋がピンとなる。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-01-20 07:09 | 日常
e0202203_72859.jpg

e0202203_723375.jpg

e0202203_71181.jpg

ミラノから一番近いと聞いたスキー場。
車で北へ2時間くらい。
近い、安い、混んでない、の三拍子が揃う、お気軽雰囲気。
子供たちがすべるのにちょうど良い感じ。
山小屋の軽食もカプチーノも美味しい。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-01-20 07:05 | おでかけ
e0202203_1738995.jpg

e0202203_17383355.jpg

e0202203_17385688.jpg

e0202203_17401453.jpg

お向かいに住んでいるイタリア人のおばあちゃんちで昼食をご馳走に。
あたたかいおもてなしと明るい空気。
手作りパスタ、サラダ、肉と野菜のグリル、美味しい果物、手作りのシチリアクッキー、エスプレッソ。
ワインの瓶に結んである糊のきいた白いクロス。
丁寧に使いこんでいる感じがする道具類。
日本からのお土産には、
干菓子と和ふきんを手製の千代紙箱に入れて。

曇った一日だったけど、太陽の光を浴びたような気分。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-01-18 17:42 | 日常
e0202203_20183688.jpg

今日からイタリアはセール開始。
祝日だというのに、店は開いていて(小さな個人商店は閉まっている)、
雨だというのに、人がわんさと出ていました。

白い洗濯物を摸したかわいいイルミネーションは、
薄暗い雨のグレイな空に映えていました。
スピーガ通りにて。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-01-12 20:18 | 散歩
e0202203_2013940.jpg

旅行から帰ってくると
住んでる建物の玄関には、怖い顔した魔女のお出迎え。
むむむ?

明日1月6日は、どうやら、
魔女が子供達の靴下にお菓子を入れに来てくれる日らしいのです。
スーパーでも、長靴や靴下入りのお菓子が沢山売っています。
日本のようにクリスマス用ではなかったことを知りました。

e0202203_20214216.jpg

そして、魔女がやってくる日はムスメの誕生日。
毎年、祝日でお休み!
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-01-12 20:14 | 日常
e0202203_19574545.jpg

自由席、なにもかもセルフサービスまたは有料の
小さな飛行機easyjetで帰りました。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-01-12 19:58 | ーマルタ島
e0202203_19452847.jpg

e0202203_19455837.jpg

e0202203_19471260.jpg

e0202203_19474378.jpg

e0202203_1948582.jpg

e0202203_19483077.jpg

e0202203_1951112.jpg

e0202203_19492111.jpg

本島の脇にあるさらに小さな島へ。
目に見える緑の面積が確実に増えたような気がする、自然豊かな小島。

アズールウィンドー(岩で出来た自然の青い窓)の濃い青の海では、
全員赤いものを身に付けてる観光客家族を発見。

ベージュの地面に浮かぶ、海岸脇の塩田。

ピラミッドよりも古くに作られたという、
岩を積んだ神殿遺跡の簡素な姿。

なによりも、みんなが魅せられたのは、
空にかかる2重の虹。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-01-12 19:49 | ーマルタ島
e0202203_19292484.jpg

e0202203_19332437.jpg

e0202203_1934432.jpg

e0202203_1935760.jpg

e0202203_19353253.jpg

e0202203_1935549.jpg

雨期の割には晴天が続いたマルタ島でしたが、
崩れてきました。
その昔、首都だったというエムディーナは
小高い丘の上にある、上品な古い小さな町。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-01-12 19:36 | ーマルタ島
e0202203_1920035.jpg

e0202203_19202239.jpg

どこへ行ってもテーブルの上に置いてある、くじ。
大きなキャンディーのような姿で、
両端を両手でもって思いきり引っ張るとパン!という大きな音と共に
中から、くじと紙製の王冠がペラリ。
小さな子供用プラスチックおもちゃがポロリ。
紐のような2本の紙に火薬がついていて、
マッチ箱のようにこすれて音が鳴る仕組み。
子供達が喜ぶと、周囲のお客さんがみんな自分のくじを差し出してくれました。

e0202203_1920504.jpg

たまたま気になった、海苔巻きの「ミラノ巻き」。
中はルッコラ、クリームチーズ、きゅうり、サーモン、でした。
私が食べるのはきっと最初で最後でしょう(笑)
e0202203_19185627.jpg

今日の天気はこんな感じ。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-01-12 19:23 | ーマルタ島
e0202203_1932915.jpg

e0202203_195936.jpg

2010年も今日でおしまい。
ヨーロッパの人は、ホテルでの大晦日(お正月でなく)では、
大人も子供もドレス着て正装してご馳走を食べて新年を迎えます。
昼間ジャージ姿でも、夜はゴージャス!
去年、私たちはそれを知らずに恥ずかしいことになったので
今年は準備万端。ゴージャスではないけど・・・。

ヨーロッパの都市にあるような派手な花火合戦は全くなく、
外は静かなマルタ島の年越しでした。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-01-12 19:05 | ーマルタ島
e0202203_18505899.jpg

e0202203_18513041.jpg

e0202203_1852252.jpg

マルタ島名物黄色いバス。
ドア開けっ放し走行、運転手によってカスタマイズあり。
日が暮れかけた頃のバスは良い感じ。
e0202203_18523282.jpg

e0202203_1852549.jpg

青の洞門と呼ばれるところでは、小型ボートで洞窟内へ行くと
カプリ島のような(行ってないけど)青い水を見ることができます。
とてもキレイ。
e0202203_18535117.jpg

e0202203_1854967.jpg

港ではみんなのんびり日なたぼっこ。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-01-12 18:54 | ーマルタ島
e0202203_18352770.jpg

e0202203_18361564.jpg

e0202203_18363563.jpg

e0202203_18365431.jpg

e0202203_18371722.jpg

e0202203_18373658.jpg

e0202203_18375631.jpg

アフリカのようなヨーロッパのような古びた街並み。
驚くほど細工の細かい教会。
そこにあった蝋燭立てに
びっくりするくらい植物が生えていました・・・。もやし?
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-01-12 18:43 | ーマルタ島
e0202203_18293888.jpg

e0202203_18301442.jpg

e0202203_18303510.jpg

寒さを逃れて暖かい島へ。
飛行機で1時間半、シチリア島のもう少し南に浮かぶ小さな島。
マイナス2℃から16℃へ。

マルタ島は独立した国家だけど、
近くのイタリアやアフリカ、元イギリスだったこともあるせいか、
いろんな文化が混ぜこぜな印象。
[PR]
# by giorno-per-giorno | 2011-01-12 18:33 | ーマルタ島